Monthly Archives: 3月 2017

「三菱東京ufj銀行」の住宅ローンについて

 住宅ローンを利用するにあたって、どこの銀行から借り入れを受けようかと悩む人は少なくありません。そんな中、沢山ある銀行の中でも三菱東京ufj銀行は、住宅ローンの利用額で9年連続で1位を獲得していますので信頼でき安心です。
 では実際に、三菱東京ufj銀行で住宅ローンを利用しようとした時は、どうすればよいのかというと大きく分けて2つの方法があります。一つはインターネットから申し込む場合、そしてもう一つは実際に窓口で申し込む場合です。
 三菱東京ufj銀行で住宅ローンを申し込み、そして借り入れを受けるまではどのような手順があるかというと、まずインターネットから申し込む場合は、ネットで希望の借り入れ金額と、時期、そして勤務先などを打ち込み事前審査の申し込みをします。すると大体一週間以内に、担当者から事前審査の結果を電話や郵送で受けます。事前審査を通れば、正式な住宅ローンの申し込み書が郵送されてくるので、必要事項を記入し押印をして返送します。そしてそこで銀行や保証会社が審査を行います。例えば勤務先にきちんとした勤務実態があるかどうかを調べたりします。特に問題が無く無事審査が通ればそこで契約となります。この際、司法書士と抵当権を設定する為に面談を行う必要があります。無事終われば2週間前後で口座にお金が入金されます。
 次に、三菱東京ufj銀行の窓口で住宅ローンの申し込みをする場合はどういう手順かというと、まず銀行に直接行くか、住宅ローン相談会の予約をします。そして窓口で必要書類を書き、申し込みをします。この際、ネットの時と同じように勤務先に電話をし、勤務実態の確認が行われます。後日、審査が通れば担当者から電話で連絡が来ます。そうしたら銀行に行き、窓口や別室で正式に契約となります。もちろん司法書士との面談もあります。無事に終われば希望の指定日に口座に入金されてこれで借り入れが終了となります。


ショッピング利用分を対象にしたおまとめローンは存在する?

クレジットカードのショッピング利用分は、基本的には借金ではありません。しかし、返済方法をリボ払いにしていると、消費者金融からの借入とほとんど変わらないと感じる人も多いでしょう。ショッピング利用分についてもおまとめローンを利用できるのでしょうか?

実は、クレジットカードのショッピング利用分は、消費者金融のおまとめローンの対象にはできません。消費者金融のおまとめローンは総量規制から除外されていますが、そのかわりに一定の制限がかけられています。その制限とは、貸金業者からの借入しか対象にできないというものです。これは貸金業法という法律で定められていますので、違反すると貸金業者にペナルティがあります。

クレジットカードのショッピング利用分のうち、一括払いで返済をしているものについては、手数料はかからず、借金であるとは見なされません。分割払い、リボ払い、ボーナス払いにしているものについては、割賦販売法という法律が適用されます。どちらにしても、貸金業法の適用外ですので、消費者金融のおまとめローンに含めることができません。

銀行のローンには銀行法が適用されますが、銀行法では総量規制のような規制はありません。しかし、銀行には「おまとめローン」という専用の商品がありません。結論としては、ショッピング利用分を対象にしたおまとめローンは存在しないということになります。ただし、銀行のカードローンやフリーローンをおまとめ目的で利用することができるので、その意味では存在するとも言えます。
おまとめローンで大手銀行がおすすめの理由とは?はこちら